Category Archives: 未分類

私がこれまでにお金がほしいなと思ったとき

Published by:

私が今すぐお金がほしいなと思った時は、学生の頃にはじめて今すぐにでもお金がほしいなと思ったことがあります。

お金がほしいなと思った理由は、学生の頃に進学をしたいなと思っていたものの、大学や専門学校に行こうとしても、高額な学費がかかってしまうことから、進学をしたいと思っていても諦めてお金を一からためなくてはならなかったり、奨学金を利用しようとしても手続きが大変であったり、すべての人が奨学金を利用できるわけではないため、お金があれば何も問題なく進学をすることができるなと思い、今すぐにでもお金がほしいなと思いましたが、すぐにお金を用意することはできず、結局は働きに出るという方法を選択し今では少し公開してしまうこともたまにあるので、お金があれば勉強をすることができたのかなとこうかいしてしまうこともあります。

大人になり働きに出るようになってからは、お金が今すぐにでもほしいなと思ったことはたくさんありましたが、一番お金が欲しいなと思ったことは友人や親戚などの結婚や出産などのめでたいときに、結婚祝いや出産祝いなどでお金を結構使うことがあるので、今すぐにでもお金がほしいなと思うことが多く、めでたいことであるからこそお金をけちらずに祝ってあげたいため、できる限りのお金を使うことを心がけていたり、めでたいことがよく重なることが多く、急に伝えられることも多かったのですぐにでもお金がほしいなと思い、めでたいことであるため、人にお金を借りるということも嫌だったので、出費がかさんでしまったときには、その月の生活費を節約して工面するようにしてました。

ひとつの手段かもしれません

Published by:

消費者金融というと一昔前は取り立てが怖いとか利息が雪だるま式に膨らむので一度借りたら返せない等、良くないイメージが定着していました。

しかし現在は、CMや広告に俳優や旬の芸人などを起用し明るいイメージを与えています。

定職につけていないとなかなか借入は難しいですが、消費者金融は簡単に貸してくれるので、売れていない時の俳優やタレントは随分助けてもらって感謝してるとよく耳にします。

一般人なら急にお金が必要になった時に用意できない場合、期限に返せる範囲を借りるのにはひとつの手段かもしれません。

お祝儀貧乏でお金を借りる?

Published by:

身の回りに起こりがちなことでお金に困るなっていつも思わされるのが結婚式のご招待。
お祝儀最低3万円に加え、美容院でのヘアメイク、交通費、それに服装だっていつも同じというわけにはいかないし、気候やシーズンがあるからアクセサリーや上着、ストッキング類といった細かいことまでなんやかんやで買い足すことになって結構使ってしまうものです。見栄、というより、招待してくれた友達のためにもみっともない恰好はできないのと、精一杯お祝いしてあげたいと思うとそれなりに費用がかかるもの。

だから2次会だけの招待だと「助かる~」とか思っちゃうのが本当のところ。お祝いする気持ちはおんなじだものね。

何か月も前に招待状が来るから前もって用意はできるけどこの出費は痛い。

先輩で秋の結婚式ラッシュで招待が続いて貯蓄ができないって嘆いている人がいました。20代後半で周りが続々と結婚しだす頃、やっぱりお祝いごとだから断れないし、でも殆ど毎週のように自分の時間もとれないからヘトヘトに。顔が広く友達も多い先輩ならではの嬉しい悩み?にも見えるものの、お祝儀貧乏って言葉があるくらいだから本当に貧乏になっちゃいます。何回も短期間に続くようだったら、せめてお祝儀分だけでも誰かにお金を借りるかもしれません。

専業主婦の自由に使えるお金

Published by:

私は結婚後パートで薬局の医療事務をしていました。月に6~7万円くらいは稼いでいたと思います。まだ子供もいなかったので自分が自由に使えるお金も多く、今思うと結構無駄遣いをしていたと感じます。

その後妊娠して仕事を辞めて専業主婦になりました。息子は2歳になりましたが、今のところ幼稚園や保育園にあずけて働く予定はありません。

月に6~7万円収入が減ると家計への影響は大きく、その上子育てにお金がかかるので、自分が自由に使えるお金はパートで働いていたころにくらべ、だいぶ減ってしまいました。

それでも家計で管理しているお金とは別に、お小遣いがあることはありがたいです。ただやはりパートで働いていたころは、私も稼いでいるんだからという気持ちから、お金が使いやすかったのですが、今は主人だけが稼いだお金だと思うと、多少気持ち的に使いづらいということはあります。

すぐ借りられるキャッシング

Published by:

お金が急に必要になった時にすぐ借りられて便利なのがキャッシングですね。
銀行が安心で安全な気がしますが、夜中でもすぐ借りられるところはキャッシングの利点です。
キャッシングはうまく使えば、金利を安く抑えることもできます。
中には返済の期日や回数に制限はありますが、金利ゼロで借りられるところもあります。
給料日前にお金が足りなくなったり、冠婚葬祭が重なった時はキャッシングはかなり使えると思います。
借りるのも返済もATMで済ませることができるところも便利です。